専業主婦のカードローン利用が夫の住宅ローン申し込みに影響しますか?

住宅ローンの審査では、年収、職業、過去の利用状況、現在の借入残高など申込者の信用情報を照会しながら確認を行い、総合的に判断しています。
キャッシングやカードローンの利用状況によっては審査に不利になることもあるので注意が必要です。

信用情報機関に複数のカードローン利用の履歴があったり信用情報に延滞の記録が残っていると、審査担当者に申込者はお金に困っているのではないかと思われてしまう可能性が高くなります。
住宅ローンで借りたお金がカードローンの返済資金に使われるのではないか、住宅ローンの返済に支障をきたすのではないかと疑われてしまい、希望借入額よりもかなり少ない額になってしまったり、審査に通らないこともあります。

キャッシングやカードローンは審査担当者にどうしても悪い印象を与えてしまいがちです。
どうしてもやむを得ない事情があって一時的に利用してすぐに完済したのであれば特に影響はありませんが、日常的な利用は審査に不利になってしまう可能性が高くなります。
できることならローン会社からの借入れを整理することを優先させてから住宅ローンを申し込むほうがおすすめです。

住宅ローンとカードローンと複数の返済を一度にするのはなかなか大変なことです。
ローン返済で生活が苦しくなってしまっては元も子もありません。
住宅ローンを申し込みたいならまずはある程度借金を整理してからにしましょう。

専業主婦が借りられるカードローンとはどんなものか。

専業主婦 カードローンは銀行カードローンであれば申込をすることができます。
消費者金融でお金を借りることは出来ないので注意が必要です。
借りたお金の使用用途は自由で、1万円からでも借りられます。
しかも即日融資が可能で、急な出費にも使うことができます。
ただし即日融資を希望する場合は、だいたい14時までには審査と必要書類の確認が終わっていることが必要になります。
午前中の申し込みならばだいたい大丈夫でしょう。
申し込みはWEBで簡単にすることができ、来店の必要がありません。
そのため、周囲にバレることなく内密に借入を行うことができます。
必要書類も免許証か健康保険証があればいいため、ローンのために書類をわざわざ用意しなければならない、ということもありません。
在籍確認のための連絡は社名を名乗らず個人名でかかってくるので、怪しげな電話だと勘違いしてきらないように注意しましょう。
女性
ただ、専業主婦がカーロドーンを利用するには、最重要の絶対条件がひとつあります。
それは夫の収入が安定したものであることです。
年収自体がそれなりにあったとしても、毎月の給料が安定していないといけません。
収入の多い月と少ない月に偏りがるようですと借りられないので気をつけてください。
借入限度額は最高30万円までですが、1社だけ最高50万円の会社があります。
どの社の場合でもこの限度額を超すことはできません。
また最高限度額を希望しても審査次第では20万円まで、10万円までとなる場合もあります。
ただそうなったとしても決まった限度額までは借りることができるので安心です。
金利も低金利ですので、家計に負担をかける心配もありません。
例えば10万円借りたとすると、最低で月々3千円程度の返済ですみます。
このように専業主婦でも気軽にカードローンの利用が可能となっています。
返済計画さえしっかりとたてていれば、急な出費に心強い味方となってくれます。

サブコンテンツ

このページの先頭へ